コラム

斜めに生えた親知らずを放置するとどうなる?

コラム

2018.7.27

前歯から数えて8番目の親知らず(智歯)は、斜めに生えてきたり、生えずに歯肉の中に埋もれたり(埋伏智歯)することが少なくありません。これは現代人の顎の大きさが小さく、親知らずが出てくるスペースが足りないために起こります。
図1のように親知らずが斜めに生えてきた場合、一つ前(7番:第2大臼歯)の歯との間に深い隙間が生じます。この隙間は歯ブラシがうまく届かないため常に不潔な状態になり、歯肉が腫れたり虫歯になったりします。
斜めに生えた親知らずは、放置して虫歯になったら抜歯をすればそれで終わりですが、一つ前の第2大臼歯まで虫歯になってしまうことも多く(図2)、場合によっては歯の神経(歯髄)を取るほどの大きな処置が必要になることがあります。
親知らずを抜歯すると、頬が大きく腫れてかなり痛むといったイメージがあると思いますが、完全に歯肉内に埋伏しているのでなければ(埋伏智歯)、頬が腫れることはむしろ少なく痛みも薬を服用すれば問題ない程度のことがほとんどですので、それほど心配はいりません。
もしあなたに斜めに生えた親知らずがあるのなら症状の無いうちから歯科医と相談して、大事な第2大臼歯を守るために親知らずを抜歯するかどうかを判断した方がいいと思います。

親知らず(智歯)が斜めに生えている症例.歯と歯の間に汚れが溜まりやすい
図1 親知らず(智歯)が斜めに生えている症例。歯と歯の間に汚れが溜まりやすい

レントゲン所見.隙間の深い部分は歯ブラシが届かない
図2a レントゲン所見。隙間の深い部分は歯ブラシが届かない

数年放置したために手前の第2大臼歯歯が大きな虫歯になってしまった(矢印)
図2b 数年放置したために手前の第2大臼歯歯が大きな虫歯になってしまった(矢印)

TOP