コラム

乳歯から永久歯に生え変わる時期は?

コラム

2018.4.26

乳歯は2歳半頃に、上下全20本の歯が生え揃います。そして6歳頃になると、乳臼歯の後方から永久歯の第一大臼歯(6歳臼歯)が生えてきますが、それと時期を同じにして下顎乳前歯が動揺しはじめ、永久歯への交換が始まります。

図1は永久歯が生えてくる時期を示しています。乳歯が抜ける順序は多少の前後はありますが、おおよそ前から順に抜けていきます。
図2は7歳頃における歯の生え替わりのイメージです。乳歯は、永久歯が歯肉の中から徐々に萌出しようとする刺激によって次第に乳歯根が吸収されて歯が動揺し、脱落します。

永久歯は、小学校を卒業するまでに親知らずを除く全て(28本)の歯が生え揃います。ただし、永久歯の生えてくる時期は個人差があり、図1に示した時期はあくまでも目安ですので1年程度時期が前後していても問題はありません。それでも生え替わらない場合は、稀に永久歯が先天的に欠如している場合がありますので、歯科医院でレントゲンを撮影して調べてもらったほうがよいでしょう。

また永久歯が生えてきているにもかかわらず、乳歯が抜けないことがしばしば見られます。この場合も歯科医師に相談して乳歯を抜歯するかどうかの判断をしてもらいましょう。


図1 永久歯が萌出する時期の目安


図2 7歳頃における歯の生え替わりのイメージ

TOP