コラム

ダラダラ食いは虫歯になりやすい?

コラム

2017.12.20

甘い物を食べると虫歯になりやすいのはよく知られていますが、食事の仕方によっても虫歯のなりやすさが変わってくることはご存知でしょうか?

まずは虫歯の成り立ちについて簡単にご説明します。
虫歯は歯に付着している歯垢(プラーク)に存在する虫歯菌が、食べ物に含まれる糖分を分解して酸を放出し、歯を溶かすことで引き起こされます。この時、歯の表面が徐々に溶けていくことを脱灰といいます。
一方お口の中では、歯の表面が酸で溶かされないよう唾液が酸を中和し歯の表面を硬くしようとします。これを再石灰化といいます。
歯垢が付着している歯の表面ではこの脱灰と再石灰化が繰り返しおこなわれていて、脱灰される時間が長いほど虫歯になりやすくなります。

間食が少なく、規則正しい食事をしている場合は、酸によって歯が脱灰される時間が短く、虫歯になりにくいですが(図1)、間食を多くとるいわゆるダラダラ食いは、歯が脱灰される時間が長くなるため虫歯になりやすくなります(図2)
また虫歯の発生は、唾液の質や量にも大きく影響を受けます。唾液には酸を中和する能力(緩衝能)がありますが、これは人によって強さが異なり、緩衝能が低い人は酸を中和するのに時間がかかるため規則正しい食事をしていても虫歯になりやすいと言えます(図3)

ただしこれらは、歯の表面に虫歯菌を含む歯垢(プラーク)が付着していることが大前提にありますので、歯垢(プラーク)が歯に付着していなければ虫歯になることはありません。また歯垢が付着していてもその中に虫歯菌がほとんどいなければ虫歯になることはありません。いずれにしても日頃からきちんと歯みがきができていれば虫歯になる心配はないと言えます。

図1 規則正しい食事をした場合、唾液による歯の再石灰化の時間が長くなり、虫歯になりにくい。

図2 間食が多い場合、歯が脱灰される時間が長くなるため、虫歯になりやすい。

図3 唾液の緩衝能が低い場合、酸が中和されるのに時間がかかり、規則正しい食事でも虫歯になりやすい。

TOP