コラム

金属の土台(コア)を使用した時の歯への影響は?

コラム

2017.11.28

歯の神経(歯髄)が無く大きく崩壊している歯は、歯質を補強するためにまず歯の中にコアとよばれる土台を入れてから被せ物(クラウン)を装着します。

今までは金属性のコア(メタルコア)が歯の補強には最適とされていましたが、実はメタルコアが歯に悪影響を及ぼす場合が少なくないことが分かってきました。

メタルコアは歯質に比べてかなり硬い物性を有するため、咬み合わせの大きな力が歯に加わると、メタルコア先端部に大きなひずみ(応力)が生じます(図1)。この応力によって歯が折れてしまい(図2)、再治療が不可能となって抜歯になることがあります。

このような歯への負担を軽減しより安全な状態を保つために、当院では歯に近い物性をもったファイバーポストコアと呼ばれるコアで歯を補強します(図3)物性が歯に近似していることと強力な接着材料の使用で、メタルコアで見られたコア先端部での応力をできるだけ小さくして歯が折れることがないように配慮しています。

またファイバーポストコアは物性的に有利なだけでなく審美的にも歯と同じ色調なので、メタルコアのように歯の色や歯肉が暗くなったりすることがなく、その上部に装着するセラミッククラウンが透明感のある自然な仕上がりになるといったメリットもあります。

図1

図1 咬み合わせの力によってメタルコア先端部に応力が集中します

 

図2-1図2-2

図2 メタルコアによって歯根が折れた症例(矢印が破折部)

図3-1図3-2

図3 歯の物性と近似したファイバーポストコア.見た目もきれい

TOP