コラム

前歯の先端が小さく欠けた時の治療法は?

コラム

2016.7.17

転倒したり物にぶつかったりして前歯が欠けてしまい、当院に来院される方は比較的多くいらっしゃいます。欠けた歯の大きさも、歯の先端のみの小さなものから歯の神経(歯髄)が露出する程の大きなものまで様々です。

前歯の先端が小さく欠けた場合(図1)は、コンポジットレジン図2)という樹脂を充填し、光を照射して硬化させる修復方法(図3)が一番簡易的です。ただし経年劣化によってレジンが変色し、レジンと歯との接合部が目立ってくる場合がありますので、その際は充填をやり直す必要があります。
つなぎ目を無くし審美的に良好な状態を長期に保つ方法としては、セラミックによるラミネートベニア法があります。これは歯の表面を薄く削り、薄いセラミック(ラミネートベニア)を付け爪のように表面に接着させる方法です(図4~図7)。セラミックは色調が非常に安定して劣化しませんので、クオリティの高い方法をご希望される方にはこちらをお勧めいたします。

参考までに前歯が大きく欠けた場合の対処法としては、破折片を接着させる方法やセラミッククラウンを被せる方法があります。
相談もお受けしておりますので、中目黒にお立ち寄りの際はお気軽に当院へお電話下さい。


図1 転倒により上顎中切歯切縁が破折した症例


図2 充填に使用するコンポジットレジン


図3 コンポジットレジン充填後


図4 右上側切歯の切縁が破折した症例


図5 ラミネートベニア接着のため唇側を薄く形成


図6 完成したラミネートベニア


図7 ラミネートベニア接着後

TOP