コラム

歯の奇形にはどんなものがある?

コラム

2014.3.26

歯の奇形とは形態が通常とは異なる歯のことをいい、種類は様々ありますが、奇形の種類によって好発する部位は異なります。
歯の奇形のうち、比較的よく見られるものを以下に紹介します。

図1癒合歯と呼ばれる奇形で、2本の歯がくっついた状態で生えてきます。好発部位は中切歯側切歯、もしくは側切歯犬歯で、図1では左側の中切歯と側切歯の歯冠が象牙質で癒合しています。癒合の仕方は様々で、2本の歯の形態が明瞭なものからほとんど1本の歯に見えるものまであります。

図2矮小歯と呼ばれる奇形で通常の歯の形態よりも細く円錐状を呈します。上顎の側切歯上顎の第3大臼歯(親知らず)によく見られます。

図3は歯の中央の突起が折れていますが(矢印)、これは中心結節と呼ばれ、最初は突起が細長い状態で生えてきます。好発部位は上下の小臼歯で、生えてから間もなくこの突起は折れてしまうことが多く、そこから歯の神経(歯髄)に細菌が感染して壊死することも少なくありません。


図1 癒合歯:下顎の左側中切歯と側切歯が癒合している(矢印


図2 矮小歯:上顎側切歯に多く、円錐状の形態をしている


図3 中心結節:歯の中心部にある突起で(矢印)、その多くは萌出して間もなく折れてしまう

TOP