コラム

歯周病による歯の動揺を改善させるには?

コラム

2013.9.26

歯が動揺する原因はいくつかありますが、最も大きな原因の一つに歯周病があります。歯周病が進行すると歯を支えている歯槽骨の支持が減少し、歯の動揺が次第に大きくなります(図1)。
その他、歯が動揺する原因としては外傷歯ぎしりなどがあります。
 歯周病による歯の動揺を改善させるには、まず歯周組織の炎症を取り除く必要があります。そのためには初期治療として、歯みがき指導によるプラークコントロール歯石除去を行います。
 図1のように部分的に歯槽骨の支持が少ない場合は、咬合時の早期接触が考えられますので咬合調整をします。また歯の動揺が著しい場合は歯周治療に先立って、動揺歯の安静を保つために隣在歯と暫間的に歯を固定する必要があります。

暫間固定の方法は動揺歯と隣在歯の隣接面の汚れを除去してからリン酸で歯面処理を行い、固定用の樹脂で接着固定をします(図2~図4)。歯周治療が一通り終わって動揺が改善しているようでしたら固定を除去しますが、歯周病の場合は歯槽骨の支持が劇的に増えることはないので、動揺の状況をみて永久固定をします。
固定する歯に虫歯のない前歯では舌側面にワイヤーを沿わせて接着する方法(図5)がありますが、奥歯のように咬む力が非常に強い部位では固定が外れないよう、クラウン(被せ物)で数歯を連結(連結クラウン)して永久固定をすることもあります。


図1 歯周病による歯槽骨の支持が減少している症例(レントゲン)


図2 術前.下顎側切歯が動揺しているため固定を行う


図3 隣接面を清掃後、リン酸で歯面処理をする


図4 接着性の樹脂で暫間固定


図5 下顎前歯舌側にワイヤーを沿わせて永久固定した症例(レントゲン)

TOP