コラム

歯の表面にひびが入っていても大丈夫?

コラム

2013.6.4

歯は、外側からエナメル質、象牙質、そして中心部に歯髄(神経)という構造をとっています。表面のエナメル質は非常に硬いですが脆い性質があり、加齢によってひびが入ることがよくあります(図1)。ひびがエナメル質の範囲内であれば問題は起きませんので、特に気にする必要はありません。

しかし、ごく稀に内部の象牙質にまで深くひびが入り、そこから歯髄に細菌感染を起こすことがあります(図2)。この時は歯がしみたり、強い痛みが発現したりします。原因は強い歯ぎしり食いしばり、あるいは不良充填物であると考えられます。感染した歯髄は腐敗の原因になるため、穴を開けて感染歯髄を除去し、内部を消毒(根管治療)しなければなりません(図3)。ただしこれはひびが歯冠部で留まっている場合です。

ひびが歯根にまで及んでいる場合は、細菌がひびを伝って骨に感染し、レントゲンでは黒い影となって現れます(図4・矢印)。この場合は内部を消毒(根管治療)してもひびを伝って再び細菌が歯根部に侵入するため、破折した歯根を保存することは困難で、通常は抜去しなければなりません。図4のように歯根が2本あるときは破折していない歯根は保存し、隣接歯と連結してブリッジにする方法がよく用いられます。


図1 加齢によるエナメル質のひび.よくある現象なので問題ない


図2 ひびが象牙質にまで及ぶと歯髄に細菌が感染し、強い痛みが発現する


図3 感染した歯髄(神経)は除去し、根管内の消毒もしくは破折歯根を抜去する必要がある


図4 破折した歯根は、レントゲンでは黒い影となって現れる(矢印)

TOP