コラム

歯を大きく削らなくてもブリッジはできる?

コラム

2013.3.17

ブリッジとは、歯が喪失した場合に欠損部に隣接する歯を削って土台を作り、橋渡しをするようにかぶせ物(クラウン)と欠損部の人工歯を一体で入れる方法です。これにより欠損部位に人工歯が入るため、抜く前と同じような噛み合せや形を取り戻すことが出来ます。

ブリッジのメリットは違和感が少なく、比較的簡単に短期間で治療が完了するところですが、デメリットは隣在歯に負荷がかかることと隣在歯が健全歯の場合でも大きく削る必要があるところです。ただし隣在歯がすでに被せ物(クラウン)が入っている場合は、被せ物を外すだけで作れるので健全歯を削る心配はなくなります。
隣在歯を削らずに治療する方法には部分入れ歯インプラントがありますが、部分入れ歯には着脱の煩わしさや異物感の強さといったデメリットがあり、インプラントには隣在歯に負担がかからないものの費用が高い、治療期間が長いといったデメリットがあります。

欠損部をブリッジにする場合、基本的には隣在歯を削る必要がありますが、欠損の部位や設計によっては健全な歯を大きく削らなくてもブリッジにすることが可能です。
図1~図3は下顎前歯1歯欠損の症例ですが、隣在歯が健全歯であるため、舌側面のみを薄く削り、そこに薄いフレームで接着させる接着ブリッジという方法をとっています。
接着ブリッジの場合、今までは薄く設計できる金属フレームが一般的でしたが、現在はジルコニアという白いフレームで作製することができ、審美的にも改善されています。歯を大きく削る必要がないので歯にやさしい治療法ですが、隣在歯を大きく削って被せる一般的なブリッジと比較すると接着面積が小さいので、繰り返し大きな力がかかる奥歯では外れてしまうリスクが高くなるので、フレームの設計には細心の注意が必要です。


図1 下顎前歯1歯欠損の症例
隣在歯が健全歯のため舌側面を薄く削り、接着ブリッジとした。


図2 接着ブリッジ
ジルコニアフレームを使用した接着ブリッジ


図3 ジルコニアブリッジ装着後
従来型の金属フレームより、見た目もきれいにできる

TOP