コラム

歯が茶色く変色するのは何が原因?

コラム

2007.11.29

歯の色が1本だけ茶色に変色している、もしくはそのような人を見かけたことはありませんか?

図1
のように茶色に変色している歯のほとんどが、歯の中の神経(歯髄)を治療で除去したか、もしくは虫歯治療後に生きていた神経が壊死しています。

神経(歯髄)のない歯が茶色に変色する原因は、神経を除去した際に歯の内部に残った血液成分と、タンパク質の分解産物とが結合してできた鉄の化合物によるものとされています。これが歯の内部から象牙質を変色させ(図2)、表面から透けて見えているのです。

変色しているからといって歯を細く削り、セラミックなどの差し歯を入れる必要はありません。歯の大部分が残っている場合は、歯の裏側から穴を開け、内部の汚れを化学的に清掃してから漂白剤を注入することで(図2)、歯を大きく削ることなく歯が元の白さに回復します(図3)。歯の質や年齢にもよりますが、通常1~2回の薬の交換で漂白処置は完了します。漂白後は、漂白剤を注入した穴を歯と同じ色の材料で詰めてあげれば治療は完了です。

もし、みなさまのお知り合いで1本だけ歯が変色している人がいたら、教えてあげてはいかがでしょうか。


  • 図1

  • 図2

  • 図3
TOP